identity crisis

回避的な私の日記です

4月からこどもが保育園に入りました

久しぶりの記事の投稿になりました。

私は現在、二児の母(年子)です。

 

こども二人とも4月から保育園に入園しました。

なんでかというと、私は自分の限界を超えてしまいました。

育児を楽しめず、疲れ果て毎日の家事に追われ自分の時間が持てないのが約3年間続いた結果、弱いメンタルも肉体も悲鳴をあげました。前々からそのような前兆はあって、不眠に悩まされイライラしたり子供をかわいいと思えなくて悩んだり。眠れなくて疲れて気が狂ったと思い心療内科に通う事にしました。

先生にうつ状態と言われ、保育園に預けることを勧められ、私自身ももう体力的にも無理そうだったので、新年度から通っています。

私のように精神的に弱い人が何で子供を産んだんだろうと何度も自問してしまいます。

このような母親の元に生まれたのは可哀そうだったとも感じています。

私自身も情けないです。

今の私はこんな状況です。やっぱり私は弱かった。うん、強いと思ったことはないのですが。母は強しっていうけれど、誰にもは当てはまりませんね。

早いものでもう5ヶ月

全くブログを書く時間が取れない毎日ですが、去年予定通りに出産して毎日子育てをしています。
これでいいのかな?と手探りの数ヶ月。楽しいこと、幸せに感じることも多くある中で積りに積もりゆく疲労感。精神的、肉体的に疲れがなかなかすごいです。腰痛と肩こりが手強く、容赦ないです。子育てってこんなに大変だったのかと感じています。

世の中には2人、3人と育てている人がいて本当に凄いわ。どうやってメンタルも身体も保ってるのだろう。イライラや疲れがピークに達するとごくたまーに、あぁー!などと声に出してしまう時があってその後激しい自己嫌悪に陥ります。赤ちゃんに申し訳ないことを言ってしまったと思って落ち込み悲しくなります。そうなるのが嫌なので口には気をつけています。後悔しないように常に意識している状態です。
と、最近はこんな感じで生活の中心に子供がいる毎日を過ごしています。心に余裕がありません。もともと心に余裕があるタイプの人間ではありませんでしたが、出産しても変わりませんねえ。私は私のままなんだな。母親になったからといって中身はそうそう変わらないのですね。母親という役割をしっかりこなせるように、焦らなくていいと言い聞かせて落ち着きたいと思います。たまに胸の内を吐き出すブログを更新していきたいと思います。ただの愚痴日記になりそうです。本当はもっと役立つこと、建設的なことを書きたいのですが、目標が高すぎると書けなくなりますね。内容的に、日記アプリで非公開にして書いた方がいいだけじゃんとも若干感じていたりもします。とりあえず、今はこんな感じで生きています。でも一つ言えるのは、どんなに疲れていても赤ちゃんの笑顔が自分に向けられると、疲れも吹き飛びますね。かわいいです。今日も1日頑張りますか。

8月現在の状況

今年初めに妊娠が発覚してから、随分と時間が経ちました。

久しぶりにブログにやってきました。もう8月ですね。私は現在妊娠9か月です。

初期のつわりから始まり、現在は後期のつわりでしんどいです。結局、妊娠期間中ずっとつわりに苦しむ事になりそうです。ほぼほぼ寝たきり状態なので運動不足だし体力も元々ない上に高齢出産なので、一体どうなることやらという感じです。

妊婦さんてこんなにつらかったんだって、身をもって分かりました。自分から見る他の妊婦さんは私より軽快に歩いていたりしてつらそうには見えないんだけれどなあ。私が弱すぎるのかもしれません。

 

http://www.flickr.com/photos/18189401@N00/4156710848

photo by Thomas van Ardenne

 

妊娠が分かってから、親にも何度か会い報告したし性別が分かった時にはそれも伝えたけれど、やはりうちの母親は毒親に属するせいか普通とは反応が違うような気がします。お腹の子供は性別が女の子だと言われているので、それを伝えたとき「男の子だったらよかったのに」ですって。

そういうの普通言うのかな?何だか嫌な気持ちになりました。もう2か月位前の事ですが、そういうの根に持ってしまっています。そしてそれ以来連絡を取っていません。母親学級で出会った人たちに聞いてみても、里帰り出産をする人は結構いるようでしたが、私にはそのチョイスはなし。普通の親子関係が羨ましいと思います。自分のこういう性格や特徴が何もかも親のせいだとは思わないけれど、自分の母性も薄いと自覚しているし自分本位な母親になりそうで不安が強いです。

自分のせいで

先日愛犬を亡くしました。もう何をしても取り戻せません。後悔しか残っていません。苦しいです。悲しいです。自分が嫌で仕方ありません。あの子がどれほど大事な存在だったのか今になって実感しても遅いです。もっとこうすればよかった。そんなこと言ってももう遅いです。取り返しのつかないことで、頭がおかしくなりそうです。

ブー子さん、コメントいただいたのにまだ返せていなくてごめんなさい。少し時間がかかりそうです。

圧力鍋で作るお粥って美味しいよね!

火の粉がヤバイです。噂には聞いていたけれど、やはり読み出したら止まらなくなってしまいました。小説の世界へ夜中まで行ってしまいました。現在200ページ程読み進めたところ。
 
小説の中にお雑炊が出てきたので、食いしん坊なわたしは無性に食べたくなりました。インスタントラーメンが出てくるシーンもあり、夜中にラーメンの欲求との戦いでしたが、もう歯磨いたしな…という一心で誘惑に打ち勝ちました。朝はお雑炊!と決めてたけど、いざ朝になってみると雑炊というよりお粥な気分だったので、炊飯器よりも美味しいし早いから圧力鍋で作りました。
梅干しを乗っけて。これがもう今のわたしにとって最高の食事です!お代わりして半号平らげました。
 
それにしても小説の中に出てくる食べ物ってどうしてあんなに食べたくなるのだろう。
 
火の粉 (幻冬舎文庫)

火の粉 (幻冬舎文庫)

 

 

雪が降ったね!

雨で風もあって寒い中、いつものように大勢のスズメ達がごはんを求めてやって来た。雨で強風だと移動が大変だよね。勢いよくつついて食べるから、ボロボロと大量のインコの餌が濡れた地面にこぼれてしまうけれど、それもちゃんと拾って食べてくれているようだった。
そんな光景を見ながらの昼食。昨日は料理なんてまるで出来ず、カップヌードルや菓子パンで済ませてしまった。割といつもは食事の内容には気をつけているつもりだけれど、今は無理だ…。酢飯が好きなわたしは納豆巻が食べたかったけれど、買いに行く気力もないので作ってみた。初めて太巻きなるものを作ったけれど、巻きが甘いのと、包丁でしっかり切れていなくて残念な仕上がりだった。

夕方になり雪が降ってきた。近くにある保育園から子供たちの歓喜の声が湧き上がる。スズメたちは雪をどう思っているんだろう。見通しが悪いし、好きではなさそうだけど、いつも通りピョンピョン跳ねたりしていた。先日初めて我が家のバルコニーで猛禽類を見かけた。全身を確認したわけではないけれど、模様と毛並み、足元から普通の鳥ではないことが伺えた。野鳥図鑑で調べてみると、多分長元坊ではないかと思う。すずめを狙いに来たのだろうと思うと恐ろしくなった。それ以来警戒はしているけど、それからは見かけていない。

今日は眠気も強くなかったので5時間勉強した。けれど腹痛が気になり、ソファで横になることにした。時計を見ると18時過ぎで、そろそろ夕飯を考えなければいけない時間になってきた。また食欲がないし薄っすら気持ちが悪いので、料理をする気にはなれないなあ。昨日買ってきた菓子パンがあるけれど、特に食べたくもない。これから先、どんな食生活になってしまうんだろう。夫が出張から帰ってきたら夕食はどうしたらいいんだろう。そんな事を考えていたら今後のことも、考えることも面倒くさくて嫌になってきたのでやめた。しばらく起き上がれず、ソファでグダグダと過ごす。19時過ぎに起き上がり、コーンスープとバナナを食べた。

わたしは母性本能をかつて1度も感じたことがありません。こんなのが母親になれるのかしらと思い不安があるので、何か本でも読んでみようかな。何か変わるといいな、と思ってアマゾンで少し見ていたら、ママ、生まれる前から大好きだよ!なんていうようなタイトルの本を見つけ、ブワッと涙が滲んできた。こういうの母性本能っていう?また違う?ただ涙もろいだけなのかな?

週末に永遠のゼロを買って、夫が出張に持って行った。わたしは本棚にある火の粉を読んでみようかなあと今迷っている。夫は既に読んで、面白かったらしい。今のわたしにはあまりお勧めしないという一言が引っかかるが、久々に小説の世界に没頭したい気持ちが強い。お風呂から出たら読み始めようかしら。というわけで、いざ小説の世界へ行ってきます。

定まらない文体

この日記はいつも気分で書いているから、毎回語尾が変わっていて言葉遣いの型が定まりません。です、ます、なのか、だ、なのか統一して決めたいと思うのにそれが出来ていません。最近はもはや仲良しの友人に書くようなメール口調になってきています。誰に書いているんだ?自分自身に書いている日記なのか?よく分かりません。ただかなりカジュアルです。


もう勉強はやめて、好きな小説を読んだりして過ごそうかとも思う反面、勉強を諦めきれない自分もいて葛藤中です。逃げるのかわたし?と思って、諦めないで出来るだけ頑張れ!という自分もいるし、中途半端な勉強をしても結果は出せないのだからすっぱり今年は諦めなよという自分もいます。けれど、細々とでも続けた方がいいことはいいんだろうなあ。うーん、どうしたらいいのか。今後の課題です。

ネットで少し調べたら、つわりの時は好きなものを好きなだけ食べればいいと分かりました。なぜかマックのフライドポテトやカップ麺、菓子パン等のジャンクフードにハマる人も多いようですね。体にいいものをとわたしも思ってはいるけれど、食欲がわきません。レモン等の柑橘系の飴やフリスクも気分を紛らわせてくれるとのことだったので買ってきたら大正解!あとは無性に炭酸飲料が飲みたくなるなあと思っていたら、これも妊婦に人気なようでした。気分が本当にサッパリする!あとは飲み物はレモンティーばかりになりました。コーン茶が大好きだったのが嘘のよう。でもいいんです。中国産だからいずれはやめたいと思っていたのです。

入浴後、まるで風邪や貧血の時のような体力不足を感じました。今からこれじゃあ先が思いやられます。疲れてしまい、髪を乾かすまでにソファで休んだので体が冷えてしまい寒気がしました。今日は早く休もう。休んでばかりですが。

性格の悪い話ですが、わたしはこれまで妊婦さんが苦手でした。幸せの象徴に思えたからです。漫画家だか誰かが最初に言った勝ち組だとか負け組だとか、そのようなものに影響されていたのかもしれません。女性がある程度の年齢になると二分されるのが独身のわたしは苦痛でした。それは負け組に位置していたからですけど。嫌な分け方ですね。そもそも早く結婚して子供ができて幸せだったとしても夫の浮気だったり、離婚だったりでその幸せが長く続くかなんて分からないのだし、人生の一時期の立ち位置で勝ち負けなんか決められないのに。勝ち負けがあるとすれば、それは終焉間近で判断するならまだ分かるけれど。晩婚だって幸せになれるし、結婚というひとつの形で判断するとしたら、自分らしく振る舞える生活、相手から尊重され大切に思われ、自分も相手をそのように扱い、適度に豊かな暮らしやその生活がどれだけ持続するのかで決まるとわたしは思う。
みんな、勝ち負けによって自分の立ち位置を確認して下を見ては安心したがるからそんな言葉が流行ったのだろうか。
そんなわけで自分はただの嫉みで妊娠さんを見る目に一枚フィルターがかかっていたような状態だったなあと今は思う。コンプレックスを刺激されるからイヤ。そういうものは他にもゴロゴロあります。それを言うとどれだけ自分が劣等感を感じて生きている人なのかが露呈することになりみんな呆れると思う。そんなわけで内に秘めているのだけど。開示したらどういう心理状態に陥るんだろうと想像する。多分惨めになるだけかも。でも同じ思いの人がもしいたら、嬉しくなる。その人とは分かり合えそうで。でもそんな卑屈な者同士は自然と仲違いしてしまうような気もする。
さて、今夜は眠れるのかしら…眠れますように。今日はソファで結局1時間半も昼寝してしまったので不安。眠れぬ夜はろくなこと考えないから。妄想の波に溺れないようにしないと。