identity crisis

回避的な私の日記です

脇汗

緊張が高まると脇汗してしまうのです。

昨日はやっぱり心療内科には電話が出来なかった。

心療内科にいくのに髪型が気になってっていうのは大げさだけど、数年ぶりに受ける健康診断にも出かけないといけないし、ちらほら白いものも気になるし前髪も伸びてきて流しているけどちょっといけてないので、やっぱり美容室に先に行こうと決めて、これもまた勇気が必要ですが電話したらその日のうちにOKって事だったのでカラーとカットをしてもらいました。

 

普段白髪が気になるとヘアマニキュアを自分でするけど、満足とは言えない仕上がり。

その点やはり美容室は高いけれど、キレイになるし手軽でよいですね。

だけど緊張するんだわ、どこへ行っても毎回必ずといっていいほど。

服装も化粧もちゃんとしていかないといけない気がして、少し気を使うけれど本当はそんなに気張らなくていいと思う。

相手はサービス業なのに客であるこちらが気を使って疲れるなんて、何だか損した気持ちになる。お金払ってまでなんでとも思うし。

落ち着け自分と思っても脇汗は意志に反して止まらず、隙を見て鏡で見ると少しグレーのTシャツの色が変わっているではないか。

そのあとケープを掛けてもらってあれこれしているうちに自然と治まったけれど。

コントロールできたらいいのになあ。なかなか汗がひかないから余計に焦るの。

 

昨日は初めて行ってみた美容室で、最初に記入する個人情報の下にアンケートがあって、美容室ではどう過ごしたいかと書いてあって、私は「リラックスしたい」の所に〇をつけたのですが、リラックスってどういう意味だったんだろう?

あまり話さなくて済むと思って選択したはずでしたが、〇をつけていたにも関わらず、美容師さんは結構話しかけてきて、私もずっと話してたなあと思って。

苦痛でなかったからよかったけれど・・・。

カラーの時だけ別の美容師さんが担当してくれて、その方は初対面の私にお子さんはいるんですかって聞いてきて少し驚いてしまいました。

子供がいなくて少し気にしているから、あまりにストレートな問いにエッ?と思ってしまった。あっけらかんとした人なんだなあと思って、少しそういう所が羨ましくも感じた。2人の子供を育てる主婦でも美容師さんみたいに専門的な仕事があるって、いいなあという憧れも少しあった。

私もああなりたいなという気持ちと、今の自分のギャップに少しまた落ち込んだりもして、毎度毎度小忙しい奴め!と自分へ突っ込み。

 

そして今日はこれから検診へ。嫌だなああ・・・。

今日こそ心療内科に電話できるかしら?