identity crisis

回避的な私の日記です

社会不安障害

 

社会不安障害―社交恐怖の病理を解く (ちくま新書)

社会不安障害―社交恐怖の病理を解く (ちくま新書)

 

 この本を読んだら、楽になれる可能性があるのならばやっぱり病院に行ってみようかという考えはより一層強くなるのでした。

薬に対する考え方も、絶対薬なんて嫌だっていう気持ちから、効果があるなら飲んでみたいっていう肯定的な捉え方がに少し変化したかも。