identity crisis

回避的な私の日記です

人格障害の時代

 

人格障害の時代 (平凡社新書)

人格障害の時代 (平凡社新書)

 

 図書館で手に取ってぱらぱらとめくってみたら、結構引き込まれてしまいそのまま借りました。

取っつきやすくて飽きずに読めました。この本を最初に読んでから著者のファンになりました。事例としてマドンナが出ていたりして、そこをそうとらえるのかーという発見もあり、興味深く読める本でした。