identity crisis

回避的な私の日記です

電話をかけたいのだけど・・・

母にスズメについて報告したり、体調は大丈夫なのかと確認する電話をしようと思うのですが、気が重くて、何だか怖いというか、今何が起きているのかを知るのも怖いし、まだかけられません。

目を閉じて生きていても実態は何も変わらないというのに。何から怖がっているんだろう。母の現実がつらいのは痛いほど分かるから、それを直視するのが怖い?

でも私が直視しないと更に母はつらさを一人で抱え込むだけではないか。母を追い込んで罪悪感を感じないのか。そんな自分の声と葛藤しています。

なんでこんなに電話一本気安くかけられないのだろう。なんでこんなに心臓がどきどきしてくる?

 

友達にもメールの返事を全然返していなくて、こんなんだから彼女の心もそりゃ離れるさ、と脅かしてくる自分もいます。何だろう。そろそろ私は彼女に自分が心の病気なのだと打ち明ける時なんだと思う。なぜ今まで伝えようと思ったことがなかったんだろう。そのことにも驚くけれど。

またメールするね、と書いてもう2週間以上もメールしていないではないか。彼女に対して誠実でありたいと思う反面、気持ちが重くなって動けないでいる。相反する自分に疲れてきた。 

 

 でもでも、今日も嬉しいことにスズメちゃんがやってきてくれたのでした。

なんと今日はお友達もつれてきてくれて、2羽いましたよ。嬉しいです。とてもかわいいです。