identity crisis

回避的な私の日記です

ああ、疎外感

目指している資格の受験生が集まるポータルサイトがあり、そこで受験生の日記を書かせていただくことになりました。

受験生の日記は今年で2年目です。自ら志願したくせに段々と苦痛になってくるから不思議。受験生の日記だけは決められている期間まできちんと書くのですけど、フェイスブックとかツイッター、ミクシー等色々とあるけれど最初は楽しくてもどれも苦痛に変わってくるから長続きしないのです。 

http://www.flickr.com/photos/15267290@N03/2083329049

photo by naraekim0801

なんで長続きしないんだろうって考えると、疎外感を感じるからっていうのが大きいような気がしてきた。あとは重圧感がのしかかってくる。

コミュニティに属したからには誰かと仲良くせねばっていう任務感みたいなのを勝手に背負って、それが消極的な自分はうまくいかなくて、うまくやっていけてる人を見ると疎外感を感じて嫌になる、というパターンですかね。

 

ブログもたまに嫌になることはあるけれど、割と独立しているからか、そこまで窮地にはならないんですよね。思いついた書きたいことを書いて適当にやっているからなのか。

誰かと比べて疲れるって、いつものパターンですけど、本当にいい加減これはやめたい。やめたいと言っても無意識に?やってしまうのだから手におえない。

疎外感を感じないようにするにはどうすればいいんだろう。私は私、と強く念じたりして自分というものを確立するほかにないのか。揺らがない自分が欲しい。そもそもほかの人はこういう疎外感を感じて私のように一人寂しくなったりするんだろうか。このはみだし癖なんとかならないかな。

 

そうそう、SADの集まりに参加したいと思っていたけれど、今月は30日に神奈川であるとの告知を見ました。その日はNGなんだなあ。また来月と思うと今度は年末かあ。世間じゃ忘年会だとか新年会だとかあるのに、私はそういう賑やかな行事とは無縁だわ。仕事を辞めると無縁社会が開かれるというけれどまさにそうだなぁ。