identity crisis

回避的な私の日記です

うまく書けない

先日の日記を振り返ると、FBやツイッター、ミクシー、ポータルサイトの日記等が徐々に嫌になってくるのはもう一つ原因があったなと気が付きました。

それは文章音痴です。文章を書くのが下手。内容もパッとしない。あとから読み返すとなんだこれって自分で思う。恥ずかしくて自己嫌悪になる。

 

何も気にしないで日記を書くのは好きなんです。ただ、そこに少しでも評価を入れると嫌になってしまいます。このブログは日記だから、自由に書いています。でもどうせ書くなら文章をうまく書きたいし、すぐは書けるようにならないならば、ここを練習の場にして徐々にうまく表現できるようになりたいです。 

http://www.flickr.com/photos/38308378@N05/5034760960

photo by J. Paxon Reyes

書くのが苦手ならば、しゃべるのはもっと苦手です。敬語、尊敬語、謙譲語、ぐちゃぐちゃです。達人にはならなくていいから、常識の範囲で使いこなせるようになりたいです。

言葉づかいも含めてきちんとした文章が書けないのが深刻ではないにせよストレスになっています。年齢を重ねると余計に生きづらくなってくるように感じています。文章や言葉遣いだけではないけれど、できていて当然のものが出来ないと私の場合それが程度の差はあれど生きづらさにつながります。

必要なのは、ノウハウと練習かな?後から読み返しても恥ずかしくならないように練習しよう。