identity crisis

回避的な私の日記です

母から言われた嫌なこと

うちは呪われているのかもしれない。バカにされるだろうけど、何か先祖が悪事をはたらいたことで末裔まで祟られているのかも、って本気で思う。

 

わたしの母は暴力をふるう長男様や、男尊女卑で酒を飲んでは暴力を振るう父親がいる家庭で育った人です。そんな家庭環境が強く影響していると思われる発言を彼女から何度も言われてきました。攻撃的で自分勝手な発言が飛び出すようになったのは、わたしの結婚が具体化してからです。

未だにどこか引っかかっているのは、このふたつでしょうか。

  • (結婚して)自分だけ幸せになればいいのか。親を捨てる気か。
  • お前が男だったらもっといい給料を貰って、家を建て替えてくれるのに

書いていて思ったけれど、彼女はもういい年なのに精神的に成熟しきれていないのかもしれないですね。年齢は関係ないんだと思う。ある程度までは関係があるにしても。もう変わらないし、変えられないので、残りの人生もそのままでいるしかない。

 

わたしが子供の頃は理解のある母だと思っていた。わたし充ての手紙を盗み見したり、ごみ箱をあさっていたけれど、ごみを捨てる時には見えてしまうものだと、変に物分りのいい娘だった。けれど、やっぱり心の奥では違和感を感じていたのだろう。実家にいると自分がダメになると思い、わたしは16歳の時に家を出ました。 それ以来泊まる事はあっても自分の生活の拠点としたことはありません。家のローンが払えないと知り、自分のボーナスはほぼ全額親に渡してきたけれど、要求が止まることはありません。返済が終えれば、今度は家がぼろくなったから建て替えろですから。

 

昔から今も変わりなく、母はよく父を悪くいうけれど(確かに父も欠点だらけだが)母が父を選んだのはわたしのせいではない。いくら子供のわたしが母に「離婚しないで」と言ったからだ、と今になって責められても、それは子供なら当然に言うセリフであると思う。どうしても別の人生を歩みたかったのならば、そう選択していればよかったじゃないか。今になってわたしにグチグチ言ったりしないでほしい。自分の責任をわたしに押し付けないでほしい。幸せを選択するのも不幸を選択するのも自分なのだから。こういう人たちを見てきたからなのか、臆病者の遺伝子のせいなのか、わたしは防衛本能だけはすこぶる高いようです。

 

虐待は繰り返されると言う。わたしの代でこういうのは断ち切りたい。自分に子供がいないのは、既に自分の中に組み込まれた虐待遺伝子を恐れる神様がわたしに授からせてくれないのかも、なんて思う。

 ・・・ただ、感じたままつづったので、読みづらい文だし意味不明だと思う・・・文体もごちゃまぜだし断片的だし。けど、自分が思ったことをそのままつづるって、いいですね。これはセラピーなのかもしれない。日記、あるいは誰かにメールを書いているような感覚で。こういうのもありだよねって思いました。これを書いたらいくぶん心が楽になりました。恥ずかしいし情けないけれどわたしは人目ばかり気にして、自分の意見はもちろん、感じたことも人に何を言われるのか思われるのかが怖くて出せないところがあります。

ネットは匿名だから、言いやすいだろうと思いきや、匿名だからこそ容赦なしに攻撃してくる人がいます。でも、何冊か最近ずっと本を読んでいて、自分が感じたことを表現しても誰も攻撃は出来ないんだと分かりました。人の日記や感情については主観で成り立つのだから、そこに間違えは存在しないのだと分かりました。今こうやって自分が思ったことをただ自由に発言できたこと嬉しいです。ただの自己満足だけど。でも母からされたことや気になっていたことって、実はこれまで誰にも話していないなと気が付きました。むしろ数日前まで忘れていました。夫にも昔のことは言ってないし。ずっと胸にしまってきたので、スッキリしたのかもしれません。