identity crisis

回避的な私の日記です

やっぱり普通ではないんだろう

約2週間の出張から夫が帰ってきました。

そういえば最近あまり運転していなかったせいか少し怖かったですが、成田まで迎えに行ってきました。緊張感があったせいか妙に肩こりを覚えました。でも、高速をたまに長く走るのはいい気分転換になりますね。私は元々運転が好きで、趣味はドライブなんていうくらいでした。けれどここ数年は都内から出る事があまりないです。たまには遠くに行きたいですね。

http://www.flickr.com/photos/36495803@N05/5591761716

photo by epSos.de

 

やっと帰ってきたと思った夫は、今度は大阪に1週間出張だそうです。またわたしは一人暮らしが続きます。師走は忙しいのですね。ごはんをちゃんと作らなくなります。それと、夫がいる時には出来ないことをしようと思いましたが、それって結局なんだろうと思ってまだ具体化していません。図書館で借りてきた本を沢山読むぞ!と決めたものの、勉強のテキスト読みもしなくてはいけないので、そちらに随分時間を割いてしまっています。

 

12月には心療内科に行ってみようと決めていたはずなのに、そういえば予約も取っていない事に気が付きました。行く気あるのかって感じですけど。何だか構えてしまって怖いです、行くのが。その一方で早く良くなりたいと思う自分もいるし。でも行かないことにはよくはならないと思うので、行動あるのみなんですよね。症状は、よくはなっていませんから。

どうしてそう思うかというと、今日は久しぶりにいつも忙しくしている友達からメールが届きました。彼女は大学で英語の非常勤の講師をしています。どこの国も非正規雇用は厳しいようです。大学での講義のほかに、空軍でも授業をしていると言っていたし、とても優秀で頑張り屋さんな女性なのです。そんな人と自分は比較する対象ではありませんが、優秀すぎてまぶしくて胃が痛くなってきます。こういうの、通常の人ならなりませんよね、きっと?ステキな友人を持てたことに感謝して、私も頑張ろうと思えるのがきっとふつうだと思うのです。私も彼女を友人としてもてたことを誇りに思っているし、感謝もしています。でも胃が痛くなります。私って本当に自分と他人との見境がなくなっているというか、危機的なんだと感じました。病院に行ったら多少でも楽になれるんだろうか。これはSADの人の特徴なんだろうか。よく分からないです。自分本来の性格なのかも。