identity crisis

回避的な私の日記です

10年以上前からの試み。失敗は続く。

私は10年以上前からなりたいものがあります。これまでに何度も試しましたが、情けないことに意志が弱いせいかいまだになりきれていないものがあります。それはベジタリアンになることです。更にそこから一歩進んで、人生の最終にはヴィーガンになれたらなんていう思いもわずかにあります。これはもう修行に近い域ではありますが。多分無理だと思う・・・とか弱気。

 

お肉を断つように試みるも、これまで何度も失敗してきました。ただなりたいと願うだけじゃなれないのですね。そりゃそうか・・・。

ベジタリアンにも何種類かあるように、これとこれはダメで。なんて自分なりの枠組みにはめて生きてきました。自分勝手で都合の良い枠組みともいえます。しかし自分の信念をはっきりと持っていないせいもあり、前々から様々な矛盾に苦しみ続けています。

 

今のところ決めているのは、

①KFCは食べない

②ファーやハラコが付いている服、靴等は買わない

動物実験している化粧品は買わない( JAVAコスメガイドを参考にしています)

 

ビヨンセJay-Zが22日間だけベジタリアンになるとかいう取り組みを先日発表してましたね。ビヨンセは週1ヴィーガンらしいですが。それにヒントを得て、月に何週間かでも何日かでもそういう日を設けるのもいいなと思いました。今もやっているといえばやっているけれど、中途半端感が少し嫌だったんです。でも全く何もやらないよりはいいんだって思えました。そういう肯定感って必要だと思う。完璧を求めて、中途半端を毛嫌いしているよりはましだと思えてきた。わたしは極端で、白か黒か決めてしまいたくなるから。薄いグレーでもいいじゃない。薄くないところに位置してるけど。

 

秋の健康診断で、わたしは初めて痩せすぎが原因でB判定になり、夫は中性脂肪が高め+ビール禁になりました。食事はお昼を除いていつも2人同じものを食べています。わたしは体重以外はA判定なので、食生活自体は大きく間違ってはいないかと思う。

夫はお腹まわりをスッキリさせたいというので、この冬からは更に積極的な野菜中心な生活にシフトしようと思います。家族にベジタリアンを強要するつもりはないけれど、彼の体形にプラスになることは間違えない。今後は例えばデトックスの日と称して、週に1-2回はベジタリアンになってみる、とか。うん、そうしよう。諦めるのはいけない。一気になんて所詮無理だったのね、きっと。少しづつ無理のない範囲で頑張りすぎないように頑張ろう。

 

んで、カメラ買って写真が上手く撮れるようになったら食事記録も作っておきたいなあ。夢は広がる。ベジタリアン用のバーガーとか、ベジミートをスーパーで売ってたら買いたいし、もっと巷に溢れていたらいいのに。お願いしますよ。

 

そうだ、カメラのこと。メールで布石を打ってみましたよ。このカメラどうよーって。そしたら、フジのはデザインがいいね!だって。まずまずなところ。ちなみに夫はEOS40Dを持っていますが、あんまり使いこなせていません。レンズがどうのこうのとか言ってます。これを売って新しいの買うならいいかもね、だって。よし売ろう!笑。でも身内がキャノンに勤めてるからか、メーカーは譲らないような気がする。いいじゃん富士だって。日本のメーカーなんだから。