identity crisis

回避的な私の日記です

自分の話し方が嫌になる

2014年は始まったばかりですが、何だか精神的には孤独です。ひとりは嫌いだけれど、いいことも沢山ありますね。夫が一緒にいたお正月休みでは便秘になりました。そんなことかよって感じですが。

 

年末には母が入院しました。病院にいてくれるとある意味安心ではあります。そんな母のお見舞いに行ってきましたが、やはりわたしは病院は苦手です・・・。ナースステーションとか怖いです。一刻も早く帰りたくなります。ナースステーションに誰もいないとホッと安心してしまう自分は何なんでしょうか。

 

御昼時にお見舞いに行ってしまったせいで、配膳の妨げになってしまった自分が悪いのですが、注意されると凹みます。自分はいかに気が利かないかと痛感することばかりです。そして、すみませんと謝る時の自分の声が小さくていかにも自信がない素振りに自分でも何だかイライラします。

 

犬の散歩に行けば行ったで、見ず知らずのおばあさんに誤解をされて怒られます。お粗末です自分。多分わたしの喋り方がいけないんだと思います。優しくないしゃべり方なんだと思います。自分では怒っているつもりはないのに、怒っていると誤解されることがたまにあるし、そこは注意すべきポイントなのだと思いました。

 

うちの犬が小をしたすぐ後に大をしようとしていたので、「今度はうんちだね」と犬と夫に声掛けしたんです。すると、近くにいたおばあさんが「自然の現象だからね。犬が萎縮しますよ」と言ってきたんです。すぐには意味が分からなかったのですが、少ししてそう言われた意図が分かった時、凄くショックで、とても悲しかったです。犬を萎縮させるんだわたしは・・・。まわりからそう思われる話し方なんだって思って。と同時に人の心の内も知らないのにって思って結構腹が立ちました。そういうつもりで言ったわけじゃないのにって。

それは数日前の事なんですが、いまだに気にしているわたしは引きづりすぎだよなあと思いつつも、自分の話し方がきついのが嫌で仕方ないです。気にしたらますます話す事が嫌いになってしまいました。

きっと子供なんかできて、外で叱ったりしたら虐待してると思われるのかもしれないなあとか想像したりして。こんなだから、話し方を極力優しく努めないといけないかもしれません。嫌な自分ばかり発見して凹んでばかりです。