identity crisis

回避的な私の日記です

心がザワザワしている

有難くない心の状態です。多分PMSのせいもある。

命の母は大分わたしの助けになってくれているけれど、最近若干・・・いや大分減らしている。そうしたせいもあって、イライラがかなり増している感じ。

イライラだけじゃなくて焦燥感も。これもPMSと時期が重なっているからかもしれないし、そうじゃないかもしれないけれど、ただただ無意味に焦っています。何に焦っているか、とりあえず書いていくことにします。

 

  • 資格の勉強時間が少ない

去年は平日1日の勉強時間が平均して6~7時間位ありました。今年は最近になってようやく1日5時間といったところ。週に35時間は確保したいところだけれど、実際は30時間ほどに留まっている。正直、少し疲れてしまったんです。だから1日5時間なら5時間というペースを設けて、今年はひたすらマイペースで頑張る事に決めたはず。でも・・・。

 

わたしは受験生が集まるポータルサイトで日記を書いています。他の人たちの勉強時間がグラフで表示される仕組みになっています。自分の勉強時間数の少なさが気になり、勉強しなきゃという気持ちに駆り立てられます。それはいいことでもあるのですが、上位の人と比べて自分の頑張りの足りなさに自己嫌悪になってしまうことも。わたしはわたし、でいれたらいいのに、去年のように無茶苦茶頑張らないといけないんだと心の底では思っていて、でもあのようには頑張れない・気力がないという感じ。けど、みんな頑張っているのにっていう、そういう心のサイクル。

マイペースで5時間平日勉強して、週末は2日で5時間確保して週に30時間、あるいは1日6時間出来るだけ頑張り、残りは週末に回して合計35時間確保が理想。だけど、出来ないと弱気。そして、他の人のペースに調子狂わされすぎ。分かっています、勉強時間だけでは合格できないことも。自分より受験暦も長くてできている人が自分より勉強しているのにって思いもあって、うまく考えがまとまりません。結局はああだこうだいってても始まらない。やらなきゃ自分の精神状態が良くならないこともよく分かっている。

 

  • 母の退院が近づいた

退院した後の母の食事や入浴の心配等。検査でどんな結果だったのかを知るのがひたすら怖いのと心配です。

 

  • 十数年ぶりに中学の同級生と会う

 久しぶりすぎてどうしていいのか分からない。気さくな女性だけれど。相手もドキドキしていると言っていたからわたしだけじゃないのだな。

 

いざ電話をかけようとしたら12時。あ、お昼休みになっちゃったと思い、安心して引き下がってしまった。また夕方掛けようよ。

 

そうだ、電話で思い出したのですが、auに替えてから無料の留守電がないのですね!ソフトバンクにすら無料で留守電使えていたのに。月々300円払わないといけないようです。わたしみたいな電話嫌い人間にとってみたら留守電なんてなくて上等なわけです。むしろ有難い。だって、あると留守電残されて「折り返し連絡ください」なんて言われちゃう。聞いた以上、また掛けないといけないではないか。そういう義務感が付きまとうのが嫌で、留守電には申し込まないつもり。何か不自由が起こったら考えよう。

 

結論:命の母はやはりある程度の量以下に減らしたらいけない。自分の為にちゃんと飲むようにしよう。

そして、気が乗らなくても母には電話すること。父に電話してもどうせ出ないのだから。

勉強はとにかく人と時間を比べない。1日6時間を目標にやれるだけやる。5時間でも勉強すればよいと思って、いちいち凹まないこと。比べたら毎回わたしはわたしのペースでやるだけ!と心の中で唱え、自分に意識を集中させる。

もう本当にごちゃごちゃしている、頭の中も日記も。